キャンピングカーでの食事

キャンピングカーの購入を検討しています。私は4人家族で、最近キャンプによく行くようになったのですが、人気のあるキャンプサイトの状況を確認し、予約をとり、仕事が終わったあとに大量の荷物を積み込み、帰ってきたら、また、荷物を部屋に運び込むという作業を毎回のようにしていると、最近では非常に面倒くさく感じ、なんとかならないものか、と思い始めていたのです。毎回、天気予報とにらめっこし、大荒れの天候になる可能性があれば、行くか、行かないか、の選択を迫られることもたびたびですし、中途半端な天候で中止にすると、キャンプサイトのキャンセル料も発生してしまうのです。購入にあたってはキャンピングカーを所有している人が書いているブログなどを参考にしています。その人たちは、メリットについていろいろ記入しているのですが、その中でも私がもっともうらやましく思っていることは、やはり天候に左右されないということです。

最初から出かけることが決まっていれば、食材の購入をためらうこともありませんし、予定が非常に立てやすいわけです。今は、雨の場合はキャンプサイトからバンガローサイトやキャンピングハウスのサイトに急遽切り替えて対応していますが、そちらが空いていない場合は、計画倒れにもなっているのです。もう一つは、キャンピングカーの中で食事ができるということです。道の駅、高速道路のサービスエリア、観光地などでの食事もよいのですが、こういった場所は以前よりは質がよくなってきたものの、まだまだ割高感が否めません。ですから、スーパーで食材を買うなり、あらかじめ車内に食材を積んでおき、自分たちで料理をするほうが数段安くつきますし、多くの種類のものができます。調理器具もこちらも性能のよいものが多く登場しているガスコンロと、ちょっとした時に便利な電子レンジがあれば、さまざまな料理を作ることができます。特にあらかじめ食事を切っておけば、時間もかけずに、すぐに鍋パーティーを開くこともできるわけです。それに、キャンプ地では、朝などは食事、後片付け、チェックアウトにも時間がかかるものです。朝から、海水浴、釣りなど、朝早くから場所を確保したいレジャーをするにしても、片付け、移動する際にも機動力が生かされるわけです。

居住性と、移動手段というどちらも兼ね備えた移動部屋とも言えるキャンピングカーの存在というのは、レジャー自体のあり方を変えてしまうほどのパワーを持っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*